旅する日本語展2020

私の「旅する日本語」投稿キャンペーン

気散じ きさんじ

気晴らし。

小山薫堂と信濃八太郎による作品

空港に展示される画像

辛いことがあったら旅をしなさい・・・
それが父の口癖だった。
日常から遠く離れることで五感が刺激され
気分をリフレッシュできる・・・
というのが医者だった父の意見。
そんな父は自らのお墓を、生まれ故郷の離島に作った。
おかげで毎年、お墓参りのたびに
私たち家族は元気になれる。
それが、父から私たちへの最後の贈り物。

ページの先頭へ ページの先頭へ