旅する日本語展2020

旅する日本語展2020

2020年4月1日〜
2021年3月31日(予定)

羽田空港
第1ターミナル2階出発ロビー

放送作家・脚本家 小山薫堂&イラストレーター 信濃八太郎 放送作家・脚本家 小山薫堂&イラストレーター 信濃八太郎

私の旅する日本語202020 今、伝えたい日本の風景

投稿キャンペーン

投稿は Instagram / note / ShortNoteで
#旅する日本語と該当する日本語のハッシュタグ
都道府県名のハッシュタグをつけて
旅のエッセイを募集します。

旅する日本語とは? 旅する日本語とは?

「旅する日本語」は
「旅」と「日本語」をテーマにした
アートプロジェクトです。

耳慣れないけれど美しい日本語をテーマに
放送作家・脚本家の小山薫堂が
旅にまつわる小さな物語を執筆。
物語を受け、イラストレーターの信濃八太郎が
彩り豊かなイラストを描き、
それぞれの旅の物語に命を吹き込みます。

「旅する日本語」それぞれの作品が
旅行者みなさまのこれからはじまる旅、
終わる旅に少しの旅情感を添え、
その旅立ちを見送ります。

作者紹介

小山薫堂

小山薫堂

放送作家・脚本家

1964年6月23日熊本県天草市生まれ。「料理の鉄人」「カノッサの屈辱」等斬新なテレビ番組を数多く企画。初脚本となる映画「おくりびと」では32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第81回米アカデミー賞外国語映画賞獲得をはじめ、国内外で高い評価を受けた。執筆活動の他、下鴨茶寮主人、京都芸術大学(旧校名京都造形芸術大学)副学⻑を務める。くまモンの生みの親でもある。

信濃八太郎

信濃八太郎

イラストレーター

イラストレーター。1974年生まれ。日本大学芸術学部演劇学科舞台装置コース卒業。在学中より安西水丸氏に学ぶ。ジュール・ヴェルヌ『十五少年漂流記』(椎名誠、渡辺葉訳)、神吉拓郎『神吉拓郎傑作選』、西村賢太『羅針盤は壊れても』、松尾スズキ『ニンゲン御破算』、村上春樹『女のいない男たち』などの書籍装画、挿絵を担当。現在『dancyu Web』、『GINZA』、『POPEYE』、『Tarzan』、『ワイン王国』、『J Prime』、『リクルートWORKS』などの雑誌に連載中。WOWOWシネマ『W座からの招待状』にて小山薫堂氏と案内人役を務める。

旅する日本語展

HANEDA GALLERY BOARD 羽田空港の出発ロビーが、日本語と旅をテーマにしたアートギャラリーに 羽田空港の出発ロビーが、日本語と旅をテーマにしたアートギャラリーに

「旅する日本語」では南北出発チェックインロビーにて
「11」の日本語をテーマにした
放送作家・脚本家の小山薫堂による旅の物語と
イラストレーターの信濃八太郎による彩り豊かなイラストを展示中です。

展示場所 展示場所

期間 2020年4月1日〜
2021年3月31日(予定)
場所 羽田空港第1ターミナル2階出発ロビー
作品掲示位置の地図

「旅する日本語展」作品掲示位置

ページの先頭へ