旅する日本語展2018
私の「旅する日本語」投稿キャンペーン

恋草

こいぐさ

恋の思いが激しく燃え上がる様子を、
草の生い茂るのにたとえていう。

小山薫堂
小池アミイゴ による作品

「恋草」の作品

小説家を目指していた弟は、
足繁く空港に通っていた。
旅に行くわけではない。
出発ゲートと到着ゲートで繰り広げられる
出会いと別れをひたすら観察する・・・
そして物語の種を探すのだ。
結局、彼を小説家にするほどの
物語の種は見つからなかったけれど、
空港で働く女性に一目惚れ。
お嫁さんを見つけることができた。
やっぱり空港では
毎日たくさんの物語が生まれているのだ。

旅する日本語展2018

連動インタビュー企画

私の旅する日本語

  • 株式会社梓設計の増田 彩乃さん

    私を変えた旅は「素敵な言葉で
    あふれていました」

    株式会社梓設計
    エンジニアリング部門
    電気システム部主任 増田 彩乃

みなさまから届いた

恋草

の投稿

Coming Soon

旅する日本語投稿キャンペーン
7月2日(日)~ 開始!

SNS投稿イメージ

旅する日本語 投稿キーワード

「旅する日本語」は上記 11 スポンサー様の
ご協力により運営しています
ページの先頭へ