旅する日本語展2019

私の「旅する日本語」投稿キャンペーン

和煦 わく

春の日の暖かなこと。また、そのさま。

小山薫堂x小池アミイゴによる作品

空港に展示される画像

もうすぐ定年を迎える父には
一つの夢がある。
それは、桜前線を追いかけながら
母とふたりで日本のあちこちを巡ること。
南大東島を2月に出発して
稚内で最後のお花見をするのが5月。
それは4ケ月に渡る壮大な旅だ。
定年はまだすこし先の話なのに
いつもワクワクしながら
旅の下調べに余念がないふたり。
未来の夢を膨らませる父と母の姿は
私の心をポカポカさせる。

旅する日本語 投稿キーワード

「旅する日本語」は上記11スポンサー様のご協力により運営しています

ページの先頭へ